住まいのインテリアレイアウトは、ライフスタイルの質を決定付ける大事な要素です。

家事や作業の効率を活かすも殺すも、インテリアの配置が要になります。

そして、家具のレイアウトが大事なのは個人宅ばかりではなく、ビジネスの現場でも同様です。


同じ労働環境でもオフィスレイアウトを工夫する事で、仕事の能率は格段にアップします。


どうしても小規模ビジネスの労働環境は、分野による作業場の区分けが曖昧になりがちです。


しかし分野が異なる作業場が一緒になってしますと、書類が混在したり、重要データが紛失する等、深刻なトラブルの原因となります。

オフィスレイアウトを変える基本は、パーティションです。いわゆる区切りを労働環境に入れる事で、スペース的に狭い現場でも細かくブースを作れます。

Yahoo!ニュースの情報を公開しています。

分野ごとにパーティションを設置すれば、書類が紛れ込んだり、突然ファイルやデータが紛失する事が無くなります。

また良い意味での目隠しが出来る事で、スタッフ同士のプライバシーが確保されます。



人は常に誰のか視線を感じていると、それだけでストレスを強く得ます。

オフィスレイアウトで、プロジェクト毎や仕事の内容別にパーティションを設置すれば、グループ分けが上手く出来、団結力がチームワークが自然と発生します。
パーティションは移動も再配置も楽に出来ますので、大きなプロジェクトが終わった後は、再びオフィスレイアウトを普段通りに戻せる気軽さもあります。

オフィスレイアウトをご紹介します。

職場に複数のパーティションがあれば、自由にチーム作りが可能です。